「真っ直ぐな心」と「健全な身体」

このエントリーをはてなブックマークに追加

●誰しもに「心」があると思いますが、見えない心をどのようにわかるのでしょうか? 悲しい心、嬉しい心、愛する心…、この心は身体の表現や行動などを通して知ることが出来ます。思いが行動になる、すなわち、心と体の関係は、原因と結果、主体と対象のような関係です。

●人間は、見えない心(霊魂・霊人体)と見える身体(肉体)の二重構造で造られ、身体(肉体)は寿命がなくなれば、霊肉が分離(死)し、次の新しい世界(あの世)で、霊人体は永生します。人の一生の生活は三段階で、一段階はお母さんのお腹の中の腹中生活、二段階は地上生活(100才位)、三段階は霊界の生活(あの世、死後の世界)で永生します。

人間は「心」と「身体」の二重構造で造られているので、心のケアと身体のケアが大切です。心と体の健康づくりにとって大切なものは「心の垂直線」真っ直ぐな心と、身体の垂直線です。身体の垂直線を維持するために、人間の身体は左右対称となっています。

●心のケアで大切なものは、「生」とか「死」などに対して、どのように見つめていくかが課題です。人生とは何か? 人生の目的とは? 死とは何か? 死後の世界とは? 結婚とは何か?  曖昧なままになっています。例えば、誰しも死は必ずやってきます。それは避けることはできません。死んだ後は何もない。というのと、死は新しい世界に向かっての旅立ちと、とらえるのでは人生観が大きく変わります。前者は、楽しんで悔いが無いようにという人生と、後者は、新しい世界(あの世)で永生することを見つめながら、地上生活で準備して行く人生とは、人生観が違います。「キリギリスとアリ」の話がありますが、キリギリスは冬越しを考えずに夏場に、歌ばかり歌って遊んでいましたが、アリは冬越しを考えて、夏場に、一生懸命働きながら、餌を蓄えていました。結果は知っている通りです。でも、私達はあの世に向かって旅立ちをするためには、何を準備するかが課題です。

当、荒井整体院は心と体の健康づくりを目指しています。

心のケア「心の悩み相談室」・身体のケア「骨格矯正」

KNBテレビ、ラブぼけ番組「私のストレス解消」に当院が紹介されました。

  • 2004年(平成16年)5月8日(土)午後5時40分頃、「らぶポケ」番組、
    特集「わたしのストレス解消法」のなかで、当院が5分間ほど紹介されました。
  • ◆身体のゆがみとストレスについて
    ストレスによって身体が非常に緊張した状態が長く続くことや、ストレスをため込み過ぎて行くと、肩こりや、イライラや、不眠症などいろんな症状を引き起こします.とくにストレスと非常に関係の深いものが自律神経です.自律神経は自分の意志とは関係なく働くもので、おもに、体温調節とか、内臓の働きに影響を与えます.

ブログ」への10,328件のフィードバック